青森産にんにくの自宅での育て方最新の記事

にんにくの特徴


隣のおばあちゃん の青森県産にんにく!500g

 

にんにくは普段の食生活の中でも欠かせない存在の食材で、韓国料理、イタリア料理、フランス料理など、さまざまな料理に用いられています。
特に中国料理では、球根だけではなく、葉や茎などいわゆるニンニクの芽も香味野菜としてひんぱんに利用されています。

一般的に見かけるにんにくはほとんどが分球型ですが、一片種と呼ばれる中国のプチにんにくなどの希少品種もあります。日本では以外に歴史は浅く、明治時代以降になってから普及し始めましたが、以後は急速に広まったようです。

独特のにんにく臭があるのもある意味特徴になっているのですが、これは、にんにくにはアリインという無臭の化合物とアリナーゼという酵素が含まれているのが原因です。
ニンニクを切ることによってこれらの細胞が壊れ、2つの成分は細胞外に出てきてお互いに接触するのですが、ここでアリイナーゼの作用によりアリインは臭いのあるアリシンに変化するのです。

このアリシンがあの独特な臭いの元となっています。最近では、エジプト産のもので品種改良をした、臭いが少ない「無臭にんにく」も流通していますが、臭いもうまさのうちだと考える人が大勢を占めるようです。これは滋養強壮の効果が期待され、栄養ドリンクや健康食品にも使われているからかもしれません。

青森産にんにくの自宅での育て方について

最近では、中国産の輸入にんにくが著しく価格が安く増えてきているようですが、安心とされる国内産も堅実な推移を示しています。にんにくの産地としては日本国内では青森県が80%を占め、次いで香川県も出荷は多いですが、青森産にんにくは一種のブランド化をしていて人気となっています。
カテゴリー
更新履歴
にんにくの特徴(2009年8月11日)
青森のにんにく(2009年8月11日)
にんにく栽培の基本(2009年8月11日)
家庭でのにんにく栽培(2009年8月11日)
にんにく栽培の注意点(2009年8月11日)